0324

宮川香山

(みやがわこうざん)

天保13年(一八四二)〜大正5年(一九一六)京都に生れ、東京で歿。本名は虎之助。

真葛長造の子で、父に陶技を学んだ。万延元年家名を継ぎ古器の模造をよくした。明治4年横浜の商人鈴木保兵衛に招かれ同地南太田町に開窯。はじめ薩摩焼の錦手を模造したが、のち花瓶の肩のあたりに大きな凹みを作り、ここに文様を彫り出したような、精密繊緻な一種の磁器を創出した。のちには和漢古陶磁を模して酒茶器を作陶し、明治29年帝室技芸員に推された。清風与平、竹本隼太とともに松竹梅にみたてられ、明治の三大名工といわれた。代表作は『白雁香合』。