0304

清水六兵衛・五代

(きよみずろくべい)

明治8年(一八七五)〜昭和34年(一九五九)京都に生れ、同地で没。幼名は栗太郎。号は祥嶺、晩年には六和と称した。

少年時代より幸野楳嶺に四条派の絵画を学び、京都府立画学校にも学んだ。一方、製陶は祖父三代父四代に手ほどきを受けた。明治28年第4回内国勧業博覧会に入選。京都陶磁器試験場でマジョリカ釉法などを研究。32年職工奨励会を結成。40年には佳都美会を結成。大正2年五代六兵衛を襲名。同年農商務省展第1回展で3等賞を受けた。8年日本工芸会の結成に参加し、昭和2年帝展に第4部(美術工芸)の設置に尽力した。6年帝国美術院会員、さらに五条会を組織する。大正青磁と呼ぶ暖か味のある独特の青磁釉や典雅な大礼磁、天目釉など新技法の研究、開発を盛んに試みるとともに仁清風、乾山風の京焼伝統の優雅な色絵陶器をも手がけ、京焼を復興。代表作には『色絵秋草手焙』。

番号

書目名

詳細

著者

出版社

刊年

価格