0294

加藤土師萌

(かとうはじめ)

明治33年(一九○○)〜昭和43年(一九六八)愛知県瀬戸に生れ、東京で没。本名は一。

はじめ日野厚について陶芸図案を学んだ。大正15年岐阜県陶磁器試験場で研鑚。昭和2年帝展に初出品、入選。12年パリ万国博覧会でグランプリ受賞。15年横浜日吉に築窯して独立。26年『黄地紅彩』が重要無形文化財に指定。30年東京芸術大学教授。36年色絵磁器の重要無形文化財の保持者に認定された。41年日本工芸会理事長に就任。42年東京芸術大学名誉教授。中国明代の黄地紅彩の技法を復元し、金襴手、青白磁など磁器の技術研究を重ね、多彩な活躍をし、独自の分野を開拓した。代表作は『萌黄金襴手丸筥』(文化庁)。