0263

棟方志功

(むなかたしこう)

明治36年(一九○三)〜昭和50年(一九七五)版画家。青森市に生れ、東京で没。

昭和3年平塚運一を訪ね版画をはじめ、同年帝展に油絵、日本創作版画協会展、春陽会展に木版画を出品、同5年から国画会に主要作品を発表した。独自の造形で自己の木版画を板画といい、また自ら倭絵と呼んだ肉筆画も描いた。『大和し美し』『善知鳥』『十大弟子』などで版画の古典をみなおし、スイスのルガノ国際版画展『女人観世音』が受賞。同45年文化勲章を受章した。著書には『板極道』。

番号

書目名

詳細

著者

出版社

刊年

価格