0244

藤島武二

(ふじしまたけじ)

慶応3年(一八六七)〜昭和18年(一九四三)鹿児島に生れ、東京で没。
はじめ日本画を学び、明治17年上京。翌年川端玉章の門に入り、芳洲、玉堂と号した。同23年曾山幸彦をはじめ松岡寿につき、山本芳翠の生巧館で洋画の指導を受け、明治美術会に出品。同29年東京美術学校に西洋画科が新設されるに際して助教授となった。同年白馬会の結成に加わり、会員となった。一時黒田清輝、久米桂一郎の影響によって外光派風の技法を用いたが、次第にロマン的装飾画に独自の画風を開き、白馬会展『天平の面影』を発表。明治38年フランス・イタリアに留学し、パリでフェルナン・コルモン、ローマでカロリュス・デュランの薫陶を受け、同43年帰国して東京美術学校教授。滞欧中の作品に『チョチャラ』(ブリヂストン美術館)などがある。日本近代油彩画のもっとも正統的で、暢達な筆触で明るい色調の作風を展開させた。大正13年帝国美術院会員、昭和9年帝室技芸員、同12年文化勲章を受章。代表作は『耕到天』(倉敷・大原美術館)。

番号

書目名

詳細

著者

出版社

刊年

価格