0230

中村不析

(なかむらふせつ)

慶応2年(一八六六)〜昭和18年(一九四三)江戸京橋に生れ、東京で没。本名はニ太郎。

はじめ南画を習っていたが、のち不同舎で小山正太郎浅井忠に学んだ。明治美術会に出品していたが、同34年フランスに留学し、コランやジャン=ポール・ローランスの指導を受け、同38年帰国した。文展の審査員をつとめ、太平洋画会の代表的作家。のち太平洋美術学校校長。また書に対する造詣も深く、漢巍六朝風を研究し、独特の個性ある筆法で多くの書を書いた。同8年帝国美術院会員となった。昭和11年東京根岸の自邸に書道博物館を設立。代表作は『賺蘭亭図』(東京国立近代美術館)。

番号

書目名

詳細

著者

出版社

刊年

価格