0194

坂本繁二郎

(さかもとはんじろう)

明治15年(一八八二)〜昭和44年(一九六九) 久留米市に生れ、福岡県八女で没。

幼い頃から森三美に洋画を学び、明治35年青木繁とともに上京、不同舎に入った。初期文展で頭角をあらわし、たびたび受賞した。大正3年二科会の創立に参加し、昭和18年二科会が解散するまで出品をつづけ、その間、フランスに滞在し、パリ郊外の風景を多く描いた。第6回文展『うすれ日』について夏目漱石がこの絵の牛は何かを考えていると評したことは有名。昭和28年に毎日美術賞を受けた。中央画壇から離れ、生涯高踏的な独自の画風を守った。代表作には『帽子を持てる女』(東京・ブリヂストン美術館)。

番号

書目名

詳細

著者

出版社

刊年

価格