0192

斎藤与里

(さいとうより)

明治18年(一八八五)〜昭和34年(一九五九)埼玉県加須に生れ、東京で没。本名は与里治。

浅井忠鹿子木孟郎に学ぶ。明治39年から43年までフランスに滞在し、帰国後、後期印象派を日本に紹介した。フュウザン会の結成に参加し、明治末期から大正期の洋画の発展に大きく寄与した。大正8年大阪美術学校を創設。大正13年槐樹社の創立に参加し、同社の解散後は東光会を結成し会頭となった。また『美術新論』の主幹としても活躍。代表作は『収穫』(東京・永青文庫)がある。