0103

森田恒友

(もりたつねとも)

明治14年(一八八一)〜昭和8年(一九三三)埼玉県に生れ、千葉市で没。

小山正太郎不同舎で学んだのち明治39年東京美術学校を卒業。石井柏享山本鼎とともに美術雑誌「方寸」を創刊し、多くの挿絵を発表、文展にも出品した。大正3〜4年にかけてヨーロッパ留学し、セザンヌの影響を強く受け、帰国後は日本美術院洋画部同人、同部解散後は春陽会の創立に加わった。多くの水墨の田園風景を描いた。代表作は「城趾」、「平野冊」(東京国立近代美術館)がある。

番号

書目名

詳細

著者

出版社

刊年

価格