0006

今尾景年

(いまおけいねん)

弘化2年(一八四五)〜大正13年(一九二四)京都に生れ、同地で没。本名は猪三郎。

梅川東居、鈴木百年に師事した。京都府画学校に出仕、帝室技芸員、帝国美術院会員となって、京都画壇で重きをなした。写生に徹した花鳥画を描いた。代表作は『松間瀧月図』(東京国立博物館)、『花鳥図屏風』(宮内庁)などがある。