5005

京都府画学校〜京都市立美術工芸学校
明治13年 田能村直入久保田米僊らと望月玉泉、幸野楳嶺らの尽力により設立。
東(大和絵諸派、円山・四条派)西(洋画)南(南宋文人画)北(狩野派、雪舟派)の4科に分かれていた。
明治21年 応用、普通、専門学の3科制となる。教員では、鈴木松年、森寛斎竹内栖鳳、巨勢小石、岸竹堂今尾景年、原在泉ら他出入りしている。 
明治22年 京都市に移管。京都市画学校と改称。
明治24年 京都市美術学校に改称。
明治34年 京都市立美術工芸学校と改称、明治42年には姉妹校 京都市立絵画専門学校が、隣接して設けられる。

教員及び、ここで学んだ主な日本画家
入江波光 上村松園 榊原紫峰 鈴木百年 堂本印象
西村五雲 西山翠嶂 森寛斎

彫刻科卒

八木一夫

(卒業生、教授など今後も増える予定。)